3Dアニメーションがギャンブル体験をいかに新たな次元へと引き上げているか

100年以上の歴史を持つ3Dアニメーションですが、本格的に普及するようになったのは、20世紀も後半になってからのことです。今日、3Dアニメーションを使用していない産業などほとんどありません。ビデオゲームからオンラインカジノに至るまで、3次元動画は、私たちの娯楽に革命をもたらしたのです。

つつましやかな始まり

あまり知られていないことですが、3Dアニメーションが最初に作られたのは、1900年代初頭のことでした。その当時のアニメーターは、主に粘土でできた模型を使ってストップモーション映画(「クレイアニメ」)を撮影していました。こうした模型には粘土だけでなくさまざまな物体や人間も使われ、これらを手作業で動かして位置を決めながら撮影していくのですが、言うまでもなく、非常に時間のかかる手法でした。

現代の3Dアニメーション

基本的に、3Dアニメーションとは3次元のデジタル動画を作成するプロセスのことです。アニメーターがさまざまな3Dモデルを作成し、ソフトウェアを使ってアニメートします。

アニメーションの最終目的は、デジタルで制作したものを実際の物体や人物に近づけることです。

3Dアニメーションに必要な3次元空間は、X、Y、Zの3軸で構成されています。これらの値は、アニメーションをよりリアルに見せるための基準点として機能します。

現在、3Dアニメーションはどんな所で見られるのでしょうか?

ビデオゲーム以外にも、今では数多くの場所に芸術的な3Dアニメーションが登場します。プロが作成したウェブサイトであれば、そのほとんどに3Dアニメーションが使用されています。そのほかテレビのCMにも使われていますし、もちろん映画にも数多く使われています。

実際、映画の中には、すべてアニメーションだけで作られている映画もあるんです。そんな映画では、生身の役者を使わずに、アニメーターが3D制作物を使ってストーリーを語っています。3Dアニメーションは、現実をエミュレートするだけでなく、拡張することもできるのです。ARスマートグラスを一度でも装着したことがある方なら、お分かりいただけると思います。

ギャンブルの世界

私たちが映画を見たりゲームをプレイするのは、楽しみたいからです。ですから、そうした娯楽のひとつであるギャンブルの世界に3Dアニメーションが入ってきたとしても、不思議なことではありません。カジノの内装が派手だったり、光であふれていたりするのには、ちゃんとした理由があるのです。

つまり、カジノのオーナーは、あらゆる方法を使ってプレイヤーを魅了したいと考えているのです。最近のスロットマシンに関していえば、技術の進歩のおかげで、考えられる限りのあらゆるゲームに3Dアニメーションが使用されるようになりました。

ちなみに、ギャンブルの世界といってもその種類は広く、スポーツベッティング、テーブルゲーム、カードゲーム、ボードゲーム、カジノ、ダイスゲーム、インターネットギャンブル、宝くじ、ドッグレース、プルタブ、スロットマシン、株式市場、ビデオポーカー、くじ、スクラッチ、その他数多くのゲームが含まれます。

ギャンブル業界の変化

かつては、多くのゲームがアナログでした。そのため、こうしたゲームを運用するためには、徹底的なメンテナンスが必要だったのです。

ですが最近では、たとえばスロットも最新型になりましたから、運用しやすくなりました。しかも、もはや豪華な装飾を施す必要もなくなりました。プレイヤーを惹きつけるには3Dアニメーションを使えばいいからです。

アニメーションがあれば、たとえマシンが簡素なものだったとしても、ギャンブル体験の楽しみが増し、この古来からの慣習であるギャンブルに「ほどほど感」も加わります。

ここ数十年という間に、3Dアニメーションはあらゆる種類のギャンブル施設で幅広く使用されるようになりました。オンラインのフリースピンからオフラインのカジノに至るまで、3Dアニメーションはギャンブルの現在そして未来であり、3Dアニメーションのおかげで、ベットすることがかつてないほど簡単になったり、面白くなったと思います。